背中はどうする?家庭用脱毛器のデメリット

使用に向かない部位がある

家庭用脱毛器のデメリットは処理しにくい部位があることです。背中のような手が届きにくい部位は、自分で脱毛するのは困難でしょう。体が柔らかい方なら手が届くかもしれませんが、自分で見ることのできない場所なので仕上がりが均一になりにくいです。ムラなく仕上げるためには、家族にお願いしてみるのが良いでしょう。襟足などの自分の目で見えない部位も同様に、他人の力を借りて処理をするのがおすすめです。また、VIOも家庭用脱毛器の使用に向いていません。手の届く部位ですが脱毛器を当てにくく、肌がデリケートなために痛みを感じやすいからです。VIOの脱毛は専門家に任せてしまうのが良いでしょう。家庭用脱毛器だけでなく、他の方法も合わせて脱毛することでデメリットを補うことができます。

家庭用脱毛器は出力が弱い

家庭用脱毛器はエステサロンで用いられる脱毛器よりもパワーが小さいために、効果も弱くなっているデメリットがあります。特に産毛のような細い毛に対しては効果が実感できないケースが多いです。効果の現れ方は毛質などによって異なり、個人差が大きいのもデメリットです。家庭用脱毛器にはコストが抑えられるメリットがありますが、毛質によっては長期間使用することになります。本体やカートリッジを何度も買い換えるために、エステサロンでの脱毛と費用が変わらなくなってしまう可能性もあります。また、出力が弱い家庭用脱毛器では肌トラブルを起こしにくいですが、使用方法を誤ると肌を傷つけてしまう可能性があるので注意してください。しっかり取扱説明書を読んで正しく操作するのが大切です。

渋谷で脱毛する場合、若い人が多く安価なサロンだと予約が取れにくいこともあります。予約の取れやすさも重視しましょう。